官能の本棚


和服熟女SM

出会い系で出会った真弥とは、不思議な関係だ。
真弥はM女でご主人様がいて、そのご主人様とのプレイの一環として、俺とセックスしているらしい。
俺とのセックスの間中、ハンディカムで撮影していて、後でご主人様に渡して、おしおきしてもらうんだそうだ。
俺としては複雑な心境だが、真弥の熟れきったカラダとすばらしい肢体、乱れてもなお美しい顔、熟練したフェラチオのテクニックなどがあまりによすぎるので、仕方なく付き合っている。
真弥はいつも和服で待ち合わせにやって来て、俺とラブホテルの一室に入ると、自分で和服を脱いで、ハダカになる。
いつも赤いロープで亀甲縛りに縛られている真弥のカラダは、いやらしさが強調されていて、何度見ても興奮してしまう。
真弥も縛られたまま和服を着て、外出するということに、興奮するらしく、おまんこを愛液で濡らしている。
たまに、おまんこをくくっているロープの下に、バイブがうごめいていることもあったりして、そんなときの真弥のおまんこは大洪水で大変なことになっている。
今日の真弥は乳首に小さなクリップとそれをつなぐチェーンで、おっぱいをドレスアップしていた。
アナルにはアナル拡張栓がはめられており、おまんこには中太のバイブが入っていて、歩いているうちに飛び出てしまわないように、ロープが支えている。
当然、おまんこからは愛液が流れまくっていて、太ももを濡らしている。
真弥は緋色の襦袢を脱いでも、白い足袋は脱がないので、さらに愛液が流れると、足袋まで汚してしまいそうだ。
俺はハンディカムで真弥のストリップを撮影していたが、真弥がハダカになったところで、真弥の乳首からクリップを外した。
片手にハンディカムを持っているから、ひとつずつしか外せず、外れた片方のクリップが乳首にぶらさがり、真弥が悲鳴をあげた。
「あっ・・・。」
俺はのんびりと、もう片方のクリップを乳首から取り除いた。
長時間クリップに挟まれていた乳首は赤くなっており、刺激に敏感になっているようだ。
大きくはれあがった乳首をしゃぶると、
「あふん・・・あん・・・。」
真弥が気持ちよさそうな声をあげた。
交互に左右の乳首をしゃぶっても、あえぎ声しか出さないので、どうやらクリップで傷ついてはいないようだ。
「今日は何かご希望は?」
すでにうつろな顔でよがっている真弥にきくと、
「おまんことアナルの両方に、おちんぽを入れてほしいです・・・。」
とささやいた。
「アナルはキレイにしてありますし、拡張してありますから、おちんぽがスムーズに入ると思います。」
今撮影している映像を消音にしたら、とてもこんないやらしいことをいっているようにはみえないような上品な顔だ。
「ふーん。で、おまんことアナルのどっちを先にしてほしい?」
乳首を弄びながら、真弥の表情を撮影し続ける。
「おまんこのバイブを抜いて、アナルに入れて、先におまんこにおちんぽがほしいです。」
頬を染めながら、真弥がいうので、さっそくロープをずらして、おまんこのバイブを抜き取った。
じゅぶじゅぶになったおまんこは、もうすっかりちんぽを迎え入れる準備が完了しているようだ。
俺はアナル拡張栓をしたままの真弥のおしりの穴に、バイブを入れるフリをした。
「あっ・・・アナル栓を抜いてくださらないと入りません・・・。」
白いおしりから、赤い持ち手のついたアナル拡張栓が出ているのは、非日常的で、妙に扇情的だ。
「さっきはそうはいわなかったよな?」
アナル拡張栓を咥えこんでいるおしりの穴をアップで撮影し、愛液まみれのバイブでぐりぐりと広げられているおしりの穴をつつく。
「ごめんなさい・・・お願いですから、アナル栓を抜いてください。」
もともと強引に入れる気はないので、乱暴にアナル拡張栓をおしりの穴から抜き取った。
あいたアナルに、中くらいの大きさのバイブをするりと入れ込む。
このくらいの太さのバイブがこんなに楽に入るのなら、アナルセックスも簡単にできるだろうと思った。
真弥をベットに仰向けに寝かせ、アナルのバイブのスイッチを入れて、M字開脚させ、アナルやおまんこ、おっぱいやよがっている表情を舐めるように撮影した。
真弥のご主人様は、この映像をみて、嫉妬にかられたりしないのだろうか?
俺は真弥のじゅくじゅくのおまんこに指を入れて、出し入れする様子もギリギリまでハンディカムを近づけて記録した。
愛液がしたたっているおまんこはもう指一本程度では満足できないらしく、膣内にはかなりの余裕がある。
「もう・・・おちんぽください。」
真弥にせがまれて、俺はロープを横にずらして、ちんぽをおまんこに挿入した。
すぐに奥まで入ったが、おまんこの中に入れてしまえば、ほどよくちんぽにフィットするややキツめのおまんこだ。
ハメ撮りしながら、乱暴に腰を打ちつけ、気持ちよくなってきたら、膣内に思いっきり中出しする。
ちんぽをおまんこから抜いて、おまんこから白い精液が流れ出てくるところも撮っておく。
荒い息がおさまっていない真弥に、軽くフェラチオしてもらって、ちんぽを勃起させると、今度はアナルに挿入した。
おまんことは比べ物にならないくらい狭いアナルは、一度射精しているのにもかかわらず、みるみる射精感を高めていく。
どうやら真弥は、おまんこよりアナルセックスで感じるように調教されているらしく、おまんこに入れられているときよりも、激しくあえいでいる。
「もう・・・イきそうです・・・イっていいですか?」
真弥は必ず、イくときに許可を求める。
「いいよ。イけよ。」
さらに、腰をうちつけると、ちんぽが食いちぎられそうにアナルがしまった。
衝撃でアナルの中に、思いっきり二発目の精子を吐き出してしまった。
おまんことアナルの両方から、精液を垂れ流している真弥を撮影しながら、この奇妙な関係は当分止められそうにないとため息をついた。



inserted by FC2 system