官能の本棚


熟女中出し

出会い系で出会った真弥は、熟れ熟れの熟女だ。
22歳で結婚して、10年たっても子供ができなくて、ダンナとは家族のようなものになってしまって、セックスレスらしい。
32歳で放置されているカラダは、ひとりえっちじゃなぐさめきれなくて、ダンナの出張中に男漁りをしているんだとか。
ホストクラブ通いや飲み歩きなんかで出会いを求めると、高くつくし、人目にもつくから、結局、出会い系で出会うのがベンリでいいと笑っていた。
はじめて会った真弥は、写メ以上の美人で、ちょっとぽっちゃりしたところが抱き心地のよさを予感させた。
こんないい女を抱かないなんて、ダンナは贅沢としかいいようがない。
真弥も俺を気に入ってくれたみたいなので、会って5分でラブホテルに向かった。
「うふふ。久しぶりのセックスだから、わくわくしちゃう。」
部屋に入るなり、うきうきとした様子で、服を脱いでいく真弥は、やる気まんまんのようだ。
メールで打ち合わせたとおりに、黒い下着の上下に、ガーターベルト、ストッキングをつけている。
「これでよかった?」
「最高」
俺は黒いブラジャーに包まれたはじけんばかりの乳白色のおっぱいと、くびれたウエスト、レースの黒いパンティにつつまれてヘアの透けているアソコ、むちむちの太もも、ガーターベルトでとめられた薄いストッキングに包まれた長い脚を眺めた。
真弥に近づいて抱きしめると、ふわっと香水の香りが漂い、やわらかな肉の感触が俺の性欲を燃え上がらせた。
鮮やかな赤の口紅で彩られた唇に吸い付くと、ぽってりとやわらかく、マシュマロのようにふわふわしている。
唇の感触を楽しんでいるうちに、真弥の舌が入ってきた。
ぬろぬろとした舌の感触が俺の舌に絡みつき、熱い唾液が流れ込んでくる。
真弥の手がジーンズの上から勃起した俺のちんぽをなぞり、嬉しそうな含み笑いが口の中できこえた。
「フェラチオしましょうか?」
急いで服を全部脱ぐと、ベットに腰かけた。
ひざまずいた真弥はシャワーを浴びていない匂いたつ俺のちんぽをためらいなく、口にふくもうとする。
「オスのニオイがするわ。」
ちゅぷっとちんぽ全体を口の中に含まれ、あたたかさとやわらかさにうっとりとしてしまう。
口にちんぽを全部入れたまま、エラや鈴口、裏筋をちろちろと舌で舐めまわされると、たまらなく、気持ちがいい。
喜んでしゃぶっている真弥の表情を上からみているだけでも、かなり興奮する。
真弥は俺のちんぽをしゃぶりながら、後ろに手を回して、黒いブラジャーをはずした。
拘束具をうしなって、自由になったふたつのおっぱいは誇らしげに俺の目の前に現れた。
大きさもたっぷりとしているが、ピンク色の乳首といい、形といい、美乳といっていいだろう。
真弥は俺のちんぽを口から出すと、大きな美乳ではさんだ。
おっぱいをちんぽにすりよせるように動かしながら、先端部分の亀頭を舌と唇で愛撫する。
「気持ちいい?」
上目づかいで俺をみている真弥は、自分も興奮でうっとりとしていて、目がうるんでいる。
「すごくいいけど・・・イっちゃいそうだ。」
俺の答えに満足した真弥はちゅぶちゅぶと亀頭をしゃぶった後で、
「イきたい?それとも私のおまんこに入れる?」
といたずらっぽくきいてきた。
「もう入りそう?」
俺がウエストのあたりを指でなぞると、真弥は立ち上がり、俺の手をレースの黒いパンティの中に入れた。
俺の指は茂みをこえて、潤んだ熱い泉に到達した。
ぬるぬるとした愛液がしたたっているおまんこは、俺のちんぽが発するオスのニオイに反応したらしく、水溜りのようになっている。
「じゃあ、パンティ脱いで、ベットに四つんばいになってよ。」
真弥はすぐに、愛液がついてしめっているパンティを脱ぎ、全裸にガーターベルトつきストッキングといういやらしい姿になった。
ベットの上に上がり、俺におしりを向けて、犬のような姿勢をとる。
後ろから、むきだしになったおまんこに舌をはわせると、真弥はすべすべのおしりをふるわせながらあえぐ。
「ああっ・・・気持ちいい・・・。」
舐めれば舐めるほど、真弥のおまんこは汁をしたたらせる。
中指を膣に入れると、膣の中がわなないているのがわかった。
「ね、ねえ、もうキムのおちんぽ、ちょうだい!」
真弥はおしりだけをつきだした姿勢で、俺にねだる。
俺は絡み付いてくる膣内から、愛液まみれになった指を抜き、期待で先走りをたれながしているちんぽを膣口にあてがった。
「ああ・・・、おちんぽ、おまんこにあたってる・・・。」
おまんこの入り口をぴくぴくとひくつかせながら、俺のちんぽを待ち受けている真弥は顔に似合わないはしたない言葉で俺を挑発している。
すぶすぶと遠慮なくちんぽを入れていくと、真弥は悦びの嬌声をあげ、よく熟れた真弥のおまんこは熱く狭く、うねりながら、俺のちんぽをもてなす。
根元までちんぽを入れると、動かなくても、かなりの快感を得られるので、すぐに出してしまわないように、しばらく静止した。
「ん・・・おっきくてカタいおちんぽ、おいしいの・・・。」
動かない俺にじれた真弥は自分からゆっくりと腰をふりはじめ、俺のちんぽをより深く味わおうとする。
俺も腰を打ち付けて、より強い快楽をひきだそうとするが、真弥の腰の動きと膣内の動きの絶妙さに、みるみる精子を吐き出してしまった。
その後、真弥が完全に満足するまで、あと2回精子を放出して、濃厚なセックスは終了したのだった。



inserted by FC2 system